一人暮らし 引越し挨拶 防犯

一人暮らしの引越し挨拶と防犯

引越し 一人暮らし

 

引越ししたら当日か翌日にご近所に挨拶に行く。

 

これが一般的な話ではありますが、一人暮らしの場合はすこし違います。
一人暮らしは空き巣や変質者に狙われやすいため、一人で住んでいることを口外しないほうが良いと考えられるようになりました。

 

たとえご近所の方でもすべての人が善人という保障がありませんから、防犯の意味でそのように対応するようにと不動産会社が指導することもあるようです。

 

女性は特に下着泥棒やストーカー被害を受けることも考えられますから、必ずしも挨拶をする必要はありません。
日本は昔のような安全で平和な国ではないのです。

 

一人暮らしでは自分で身を守る方法を考えましょう。

・物件を選ぶ時に、セキュリティーの高いオートロック物件や防犯カメラのある物件を選ぶ。
・2階以上の部屋にする。
・鍵を開ける際は誰かが後ろにいないかチェックして、すばやく中に入って鍵をかける。
・郵便受けにも鍵をかける。
・1階はもちろん、2階以上であっても窓を開けっ放しにせず、どんなに小さい窓にも鍵をかける。
・下着は外に干さない。
・必ずチェーンロックをかける。宅配業者も本物かどうかを確認してからチェーンロックを外す。

 

これらは実際に不審者が侵入した方法でもあります。
宅配業者を装うなんてベタな方法です。

 

短期間でも玄関にカギをかけないで外出する、窓を開けたまま就寝するなどの行為は本当に危険です。
もし一人暮らしに慣れても絶対にしないでください。