繁忙期 引越し難民

繁忙期の引越し難民問題

引越し 繁忙期

 

引越ししたくても、出来ない人たちのことを引越し難民といいます。

 

3〜4月、特に春休みの繁忙期に引越ししようと思っていたのに、仕事を請け負ってくれる引越し業者が見つからないのです。

 

例年繁忙期には引越しの件数が多くなりますので引越し業者はそれを予測してスタッフを増員したりします。

 

それが今更なぜ、引越し業者が見つからないほど混乱するようになったのでしょうか?

 

2018年頃から春の引越しシーズンに引越しの予約すら出来ないということになりました。
この原因は慢性的な人手不足と、物流の変化によるトラック運転手の減少です。

 

働き盛りの人口が明らかに減っており、引越し作業は大変ですからなかなか人が集まらないのです。
さらにトラック運転手は宅配業者でも重宝されるので、運転手の不足も深刻になっています。

 

繁忙期は通常期の2〜3倍の引越し依頼があるので、引越し業者から見積りも取れない、取れても費用が異常に高いなど問題が多いです。

 

ですからなんとか繁忙期を避けるような方法を検討してみましょう。

 

例えば先に必要なものだけを新居に送って、繁忙期が過ぎてから大きなものを送ってもらう方法や、先に必要な人だけが行き、あとから家族が引越しするなど時間差引越しなど様々な方法を検討しておきましょう。