四日市市 引越し 粗大ごみ

引越しと粗大ごみ

引越し 粗大ごみ

 

家の中にいらない家具や家電はありませんか?
引越しを機に、粗大ごみとして処分しましょう。

 

粗大ごみは自分の好きなタイミングで捨てられるというものではありません。
普通のゴミは50p以下でないと回収してくれないところが多く、粗大ゴミは持って行ってくれないのです。

 

粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上、石油ファンヒーターやストーブ、ガスコンロ、電子レンジなどです。
ただし、家電リサイクル法で定められた家電は粗大ごみとはまた別の扱いになります。

 

市区町村によって粗大ごみの回収方法は違いますが、多くの自治体で取り入れられている方法を記載しますね。
@回収に来てもらう方法とA自分で持って行く方法があります。

 

@の方法はまずクリーンセンターやリサイクルセンターなどの粗大ごみ処理施設に電話で連絡をし、粗大ゴミを引き取りに来てもらう日を予約します。
次にコンビニやスーパーで「粗大ごみシール」を買って、粗大ゴミにそのシールを貼って約束の場所に時間以内に置いておけば業者が引き取りに来てくれるのです。

 

粗大ごみシールは回収手数料なので、粗大ごみ1個につき粗大ごみシールが1枚必要です。貼っていないものは回収出来ません。

 

2の方法でもまずは電話で予約をして、予約した日に自分でリサイクルセンターまで持ち込みます。
この場合、粗大ごみシールを買って貼る必要はありません。

 

身分証の提示と廃棄前後に車の計量を行い、捨てた粗大ごみの重さを算出します。
100kgを超える場合は、手数料が数百円かかることがあります。

 

こちらは無料でできますが、大きな家財の場合は自家用車に乗りませんから、軽トラックなどを持っている方などでないと難しいですね。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、例外があります。
エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法で処理しなければなりません。
これらは粗大ごみ扱いではないため、家電を購入したもしくは新しい家電を買い替えた家電量販店での回収が必要です。
回収の際にリサイクル料がかかります。